【緊急事態宣言】農協の窓口営業時間はどうなる?

2020年4月21日

新型コロナウイルス感染拡大防止の為、ついに全国に緊急事態宣言が発令されました。

これにより、心配になってくるのが農協の窓口営業時間です。

緊急事態宣言により、商業施設のように農協も休業してしまうのでしょうか?

早速調査していきたいと思います。

【緊急事態宣言】農協の窓口営業時間はどうなる?

緊急事態宣言発令により、農協の窓口営業時間はどうなるのか調べたところ、

現在のところ、大きな変更はないようです。

気になる方は、お近くの農協の店舗を検索されてみてくださいね!

お近くの店舗検索はこちら

 

店舗によっては、窓口の営業時間を短縮しているところもあるようです!

JAセレサ川崎

 セレサ川崎農業協同組合は、組合員ならびにご利用者の皆さまの健康と安全を最優先に考え、

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、

4月20日(月)より当面の間(緊急事態宣言発令期間中を予定)窓口営業時間を短縮し対応させていただきます。

お客さまにはご不便をお掛けいたしますが、ご理解ご協力を賜りますようお願い申しあげます。

引用元:https://www.jaceresa.or.jp/news/important/detail/20200415_3129.html

JAセレサ川崎店では、窓口営業時間が

9:00〜14:00までとなっています。

 

また、集金などのお客様への訪問も当面の間は自粛となっています。

訪問して、もしコロナに感染した、させてしまったなんてことになってしまっては大変です。

 

ちなみに、ATMは通常営業となっています。

農協まで営業休止になってしまっては、困る方も多いと思います。

融資や保険のお支払いに関してのお問い合わせは、電話でも受け付けているとのことなので是非、お問い合わせして見てくださいね!

JA共済相談受付センター

電話番号:120−536−093

引用元:JA共済

▼お探しの銀行名を正式に入力してください▼