【緊急事態宣言】延長の可能性は?期間はいつまでか調べてみた

新型コロナウイルス感染拡大防止の為に、ついに全国に【緊急事態宣言】が発令されました。

緊急事態宣言の期間は今のところゴールデンウィーク最終日の5月6日までとなっています。

ですが、日に日にコロナ感染者が増えているのは事実です。

このまま緊急事態宣言が延長になる可能性があるのか?

緊急事態宣言が延長したら期間はいつまでになるのかについても調査していきたいと思います。

関連記事

【緊急事態宣言】銀行の窓口営業時間は?ATMや混雑状況も

【緊急事態宣言】農協の窓口営業時間はどうなる?

【緊急事態宣言】ゴールデンウィークの旅行はキャンセルできるか調査

【緊急事態宣言】ゴールデンウィークは帰省しても大丈夫か調査

【10万円給付】妊娠中の赤ちゃんや子供はもらえる?対象年齢を調査

ゴールデンウィークのお家での過ごし方は?子供向けおすすめ5選!

【緊急事態宣言】延長の可能性は?期間はいつまで

政府内でもあと2週間で収束するかどうか見通せていない。

首相は17日の記者会見で、「専門家の提言をいただきながら、5月6日を延ばすかどうか判断したい」と述べ、状況次第では延長する可能性も示唆している。

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/politics/20200420-OYT1T50131/

今のところ5月6日までは、緊急事態宣言の期間になっています。

ゴールデンウィークの過ごし方によって、今後の緊急事態宣言が解除されるか、それとも延長かという感じになってくるのではないでしょうか?

もし、ゴールデンウィーク中に大規模な帰省が行われた場合、地方にコロナウイルスの感染が広がり医療現場は大変なことになってしまいます。

そんな最悪な事態にならない為にも、絶対に外出は自粛してください!

 

このままでは、緊急事態宣言が夏休みまで延長する可能性も充分にありえてしまいます。

早く終息して普通の生活に戻りたい!と考えている方もたくさんいらっしゃると思います。

ですが心配なのは、緊急事態宣言を5月6日で解除してしまって大丈夫なのか?とも思ってしまいます。

このままコロナが終息するとも断定できないので、できれば命の安全を確保する為にも、緊急事態宣言を延長して欲しいです。

【緊急事態宣言】延長の可能性は?期間はいつまで?Twitterまとめ

緊急事態宣言の延長の可能性や期間はいつまでかTwitterまとめをご紹介!

Twitterでも、延長の可能性があり得るという声が最も多いですね。

また、いつまで延長かについても1、2ヶ月以上や半年以上の延長という意見もありました。

ゴールデンウィークに入る前に安倍首相から緊急事態宣言の延長かそれとも解除かについてそろそろ話がありそうですよね!

まとめ

今回は、【緊急事態宣言】延長の可能性は?期間はいつまでか調べてみたについてご紹介しました。

緊急事態宣言が延長されると心配になってくるのが、日本の経済です。

経済も大事ですが、やっぱり自分の身の安全の方が優先されますよね。

ゴールデンウィーク中の不要不急な外出はできるだけしないようにしましょう!

特に帰省や国内旅行、控えたいですね。

コロナが早く終息するのを祈るばかりです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

▼お探しの銀行名を正式に入力してください▼