【10万円給付】外国人は対象?在留資格や就労ビザが条件か調査

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全国に発令され仕事がおやすみになった方も多いと思います。

それにより「一律10万円給付」が4月17日の会見で公表し3日後に政府が総額25兆6914億円。の2020年度補正予算案を閣議決定しました。

そこで今回気になったのが、10万円給付について!

外国人は対象なのか?

在留資格就労ビザが条件なのかについても調査していきたいと思います。

関連記事

10万円給付】オンラインでの申請方法はいつから?マイナンバーは必要?

10万円給付】妊娠中の赤ちゃんや子供はもらえる?対象年齢を調査

【10万円給付】外国人はもらえる?

10万円給付は外国人も対象なのでしょうか?

すべての国民だから外国人は対象外なのではないか?や急に家族が増えそうといった意見も見られました。

外国人への給付は賛成、反対どちらの意見も多いようです。

10万円給付の条件ですが、外国人でも日本国籍を取っていれば貰えるようです。

4月20日に閣議決定がありそれにより、日本で3ヶ月を超える在留資格を持ち住民票を届け出ている外国人も対象となるようです。

【10万円給付】外国人の条件は在留資格就労ビザが必要?

10万円給付について外国人の条件ですが、4月27時点で住民基本台帳に記載されたすべての国民が対象となるようです。

日本で3か月を超える在留資格を持ち住民票を届け出ている外国人も対象となるようです。

また海外に居住していても、住民基本台帳に記載されている場合は対象となるそうです。

まとめ

10万円給付】外国人は対象?在留資格や就労ビザが条件か調査についてご紹介しました。

日本で3か月を超える在留資格を持ち住民票を届け出ている外国人も対象となるようです。

日本に住んでいる外国人の方もたくさんいると思うので、国籍に関係なく10万円給付して欲しいですよね!

一刻も早くもらえるのが楽しみですね。

▼お探しの銀行名を正式に入力してください▼