【10万円給付】いつもらえる?受け取り方法は口座振込のみ?

新型コロナウイルス感染拡大に伴い緊急経済対策として収入が減った世帯へ30万円給付から、

全手の国民に一律10万円の給付金を支給することが決定しました。

そこで気になってくるのが、10万円給付はいつもらえるのでしょうか?

10万円給付の受け取り方法は口座振込だけかについても調査していきたいと思います。

 

【10万円給付】いつもらえる?

全ての国民に一律10万円給付についてですが、政府は週明けに新たな補正予算案を閣議決定し連休前の5月1日までの成立を目指しています。

麻生財務大臣は、

給付時期について「できるだけ早く。5月にはという感じはしております」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200417-00000050-ann-pol

また、自民党の細田健一議員のTwitterでは、「5月中の支給開始を目指す」と言う期限をいれる旨を発言されていました。

規模の小さい自治体など、早いところでは来月中に支給を開始できるのではないかとしています。

申請の受付開始日と支給開始日は、各市町村が決めることになっており、申請期限は受付開始から3ヶ月以内とすると言うことです。

スムーズに進めば5月中に全ての国民の手元に10万円が給付されますね!

 

また詳細が分かり次第、追記いたします。

できるだけ早く10万円が給付されると良いですね。

ただし麻生財務大臣は、あくまで要望した人が対象と発言しています

要望した人になるためにみなさん絶対に申請を忘れないようにしましょう。

【10万円給付】受け取り方法は口座振込のみ?

4月20日に総務省が一律10万円給付金の概要を発表しました。

 

・給付金の対象は4月27日時点で住民基本台帳に記載されている全ての人

(国内に住む日本人と3カ月を超える在留資格など持ち住民票を届け出ている外国人が対象)

・住民票がある市町村から申請書が送られてくる

・世帯主が本人名義の金融機関の口座番号など記入した口座確認できる書類と本人確認の書類コピーを一緒に返送

・マイナンバーカード搭載の電子証明書を持っている人はオンラインでの申請可能

・PCとICカードリーダライタ、またはマイナンバーカードをかざして読み取れるiPhone(7以降)でマイナポータルにログイン。

マイナポータルにログイン

振込先口座の情報を入力、振込先口座の確認書類をアップロードして申請します。

電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)をする。

総務省では、10万円給付に関する相談受付のコールセンターを設置しています。

・家族分の給付金がまとめて振り込まれる

・申請期限は受付開始から3カ月以内

元々、口座がない人や住んでいる場所が金融機関から遠く離れている人に限り、

自治体の窓口に10万円給付申請書を直接提出し、後日給付金を受け取ることができます。

【10万円給付】に関する相談受付コールセンター

電話番号:03-5638-5855で、応対時間は9時~18時30分(土、日、祝日を除く)

まとめ

今回は、【10万円給付】いつもらえる?受け取り方法は口座振込のみ?についてご紹介しました。

全ての国民に一律10万円給付の対象者は、

4月27日時点で基本台帳に登録されているすべての人が対象です。

給付時期は市町村によって違いますが早ければ5月中を目指しています。

申請するのが楽しみですね!

▼お探しの銀行名を正式に入力してください▼