コロナアプリ(COCOA)の評判!安全性は?バッテリー消費が早いの?

今世界で猛威を振るっているコロナウイルス。

4月には日本で初の緊急事態宣言が出され、仕事もテレワークや休業になってしまったりと様々な影響を及ぼしています。

緊急事態宣言発令後は感染者数も減少し、落ち着いていましたが、緊急事態宣言解除後にまた徐々に感染者が増えてきました。

7月に入ってからは週ごとに感染者が倍増しており、また緊張感が高まっています。

そこで政府が開発したのはコロナアプリ「COCOA」です。

感染者と接触があった人が分かるアプリとなっています。

では実際にコロナアプリCOCOAの評判はどうなのか?

この記事ではCOCOAの評判や安全性などについて詳しく調査し解説していきたいと思います。

コロナアプリ(COCOA)とは?

COCOAの正式名称は、「COVID-19 Contact-Confirming Application」という名前です。

コロナに感染した人と自分が濃厚接触に当たるかどうかが分かるアプリです。

GPSで行動が把握することができ、自分が訪れた場所でコロナに感染した人が出るとアプリにて通知がくるようになっています。

そうすることによって濃厚接触に当たることが分かり、自身も検査を受けることができるというのが分かる仕組みになっているアプリです。

コロナに感染した人と濃厚接触があった場合、一日一回更新されるアプリの確認画面に表示されます。

そこに自身が今発熱があるか、倦怠感があるか、身内に感染者がいるかなどを入力します。

そこでアプリが検査が必要と判断した場合、検査について案内をされるという流れになります。

コロナアプリ(COCOA)の評判や口コミ

では実際にCOCOAを使用している方の口コミなどを紹介していきます。

https://twitter.com/j54w/status/1282821762707681280

などなどたくさんの口コミがありました。

電源が切れてしまうとアプリ自体も反応がなくなってしまうようで、その間に接触したかどうかは

あやふやなところがでてきそうですね。

充電がすぐ切れてしまうことや不具合が多いなど様々な声がありましたが、やはり自分が濃厚接触があったことが

わかるのは安心感があるみたいです。

▼コロナアプリ(COCOA)は危険?安全性は?

コロナアプリCOCOAは本当に安全なのか?

GPS管理されているから怖いなどたくさんの声があります。

COCOAアプリは情報の収集はブルートゥース機能を用いて行っており、先に個人情報を入力することはありません。

濃厚接触があった場合のみ入力が必要になるだけで、その他の人は個人情報を入力しなくていいので安心です。

GPSの位置情報を収集するわけではないので、行動を監視されることもないので大丈夫です。

情報も14日経過するか、アプリを削除したと同時に消去されるので安心して使うことができます。

コロナアプリ(COCOA)はバッテリー消耗が早いの?

COCOAアプリを使用している人の声で、充電の消耗が早いなど多くの声がありました。

Bluetoothを一日中ONにしていると充電の消耗が早くなると言われていますが

COCOAアプリは低消費電力なBluetooth Low Energy(BLE)を採用しているので、

一般的なBluetoothと比較するとバッテーリの消耗は少ないです。

なので安心して使用して大丈夫です。

まとめ

自分が感染者と濃厚接触していたらすぐに分かるので周りにも感染を防ぐことができるので、

自分や周りを守るという意味でもアプリは使用した方が良いでしょう。

▼お探しの銀行名を正式に入力してください▼

未分類

Posted by ikae